インテリア
コーディネート

INTERIOR COORDINATE

お客様の言葉にできない想いを形にします

インテリアのイメージを言葉で伝えるのは、お客様にとってなかなか難しいことだと思います。 そこで、いろいろ質問させて頂いてお客様の言葉を聞き取り、少しずつパズルのパーツを組み合わせていくかのように形づけていきます。

  1. 外壁材の選定とカラーコーディネート(タイル・天然石・塗壁・サイディング)
  2. サッシ・玄関ドアのコーディネート(破風・雨どいのカラーも含む)
  3. 床、壁、天井の仕上げ材の選定
  4. 建具(巾木、回り縁のコーディネート)、造作家具のデザイン、コーディネート
  5. キッチン、ユニットバス、洗面台の選定、造作の場合のデザイン、コーディネート
  6. ライティングプラン
  7. ウィンドウトリートメントプラン

色を切り口とした提案を基に
お施主様が本当は何を望んでいるかを理解することから始まります。

  1. スタイルの軸に落とし込み系統的に整理し提案する方法

    色のイメージスケールがあり、暖かい⇔冷たい・軽い⇔重い 等のイメージによりスタイルを分類していきます。色や質感、形によって共通するイメージがあります。モダン、ナチュラル、カジュアル、クラシック、エレガント、アジアン等
  2. パーソナルカラーを使ってカラーを提案する方法。

    「「パーソナルカラー」とは、全ての人が持つ、固有の色。
    これは、簡単に言えば人の生まれ持った色素 肌、髪、眼の色に調和する似合う色の事です。《人は基本的に自分の生まれ持っている色素が好きという傾向があります。》

    その為にまずはその人の似合う色を見定め、そして施主様の好みの色や意見を尊重し、要望を掴み、イメージを具現化していきます。

私達は、この2つの提案法により、高い満足を頂いており、また常にお客様の求めているものにプラスアルファのインテリアプランをご提案させて頂いております。 (例えば、お手持ちの家具と新しく購入される家具との組み合わせ。現在の暮らしとこれからの暮らし。暮らしの中で何を一番大切にしているのか、何にこだわりがあるのかを見極め、好きな色や好きなインテリアスタイル、性格や趣味嗜好まで多角的に分析して暮らし方を見つけていきます。)

住宅もファッションと同じで流行が必ずあります。その時代の流行を上手く取り入れつつ、飽きのこないデザインと機能性の両方を兼ね備えた自分好みの空間を実現していくことができるのです。
お客様にはインテリアにもっとこだわってほしいと私は考えます。

《インテリアは非常にバランスが大事です。インテリアはカラーや素材、ディティールの組み合わせのバランスなどスタイリング次第で多彩に変化します。》

私は、「美は細部に宿る」という言葉が大好きで、カラー、素材、ディティールにこだわってこそインテリアは生き生きと美しく輝きはじめると思います。せっかくの空間がつまらなく思えてしまうのも、スパイスが程良く効いて魅力的になるのもコーディネーターの腕次第だと思うのです。

あなただけの美しいをいっしょにつくりたいから

吉田純子

資格
インテリアコーディネーター 060404A
AFT認定 カラーデザイナー TKA11015
1級カラーコーディネーター 092019340
パーソナルカラー&イメージアナリスト
趣味
ウィンドウショッピング・ドライブ
好きな場所
インテリアショップ、ファッションの店・カフェ
好きな時間
オープンカフェで美味しいものを頂きながらゆっくり寛いで、時間を忘れている時